So-net無料ブログ作成
検索選択

都城、周辺1キロの家畜は陰性=口蹄疫の検査結果―農水省(時事通信)

 農林水産省幹部は15日、口蹄(こうてい)疫の発生が飛び火した宮崎県都城市の農場から半径1キロ圏で行った家畜の検査結果が、すべて陰性だったことを明らかにした。飛び火感染が今のところ発生農場だけの「点」にとどまっていることが確認された形。半径1キロ圏では、懸念された感染拡大がひとまず避けられた。
 都城市内では今月9日、県東部の口蹄疫多発地域から南西約50キロの地点にある肉用牛農場で飛び火感染が見つかった。この農場の牛208頭は直ちにすべて殺処分されたが、周辺が汚染されていないか確認するため、半径1キロ圏にある11農場すべてを対象に牛や豚から検体を採取し、遺伝子検査と抗体検査を行っていた。 

【関連ニュース
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
イネ開花期の仕組み解明=日が短くなると抑制解除
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」

<菅首相会見>その6「衆議院選挙はまったく白紙」(毎日新聞)
ミシン30万台リコール=ハンドル折損の恐れ―ブラザー(時事通信)
菅内閣発足 参院選勝敗ライン「50議席」(産経新聞)
<牛白血病>感染肉出荷 獣医師検査ミス、125キロ回収し廃棄−−福岡(毎日新聞)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)

小沢幹事長「補佐できず残念」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は2日午後、国会内で報道各社のぶら下がりインタビュー取材に応じた。詳報は次の通り。

 −−今日の役員会などで決まったことは

 小沢氏 あっ、決まったこと? うーん、役員会、常任幹事会、総理の決断を受けて、野党の時と違って政権与党ですから、空白を、政治の空白を長くするわけにはいかない。

 もう(国会は)会期の終盤、そして参議院選挙、そうなってますので、できるだけ早く次のリーダーと党の再生を急がなきゃいけない。そういう皆さんの意見がひっきりなしで、今週中に代表選挙の選出をして、来週からは新しい政権で動き出せるという結論になりました。常幹(常任幹事会)も了承していただきました。

 −−首相辞任の受け止めは

 小沢氏 幹事長というのは、総理総裁、代表を補佐する役割ですから、特に党務を通じてその役目を果たしていかなくてはならないが、まあ任期半ばでこのような事態になったことを大変残念に思っておりますし、また、自分自身として補佐の役目を十分に果たし得なかったと思って反省しております。

 −首相と幹事長との間でどのような話し合いがあったのか

 小沢氏 この間でも、総理とは折に触れて話し合いをしております。ですから、要するに国会運営の厳しさや選挙の状況やらなどなど、話を、意見を交換したということです。

 参議院は、うーん、これはもう諸君も分かってると思うけども、総務委員会とどこかな? 社民党が協力してもらわなきゃもう委員会が成立しないという状況で、これはもう衆議院で考えている以上に非常に厳しい国会運営になっている。

 そんなことでは何も法律を通せないということですのでね。ということは、私もくわしくは委員会の決定などなどについては調べていたわけではないですけども、参議院の状態というのは現実にはそうである。まあそんな話を、お互いに意見交換していた。

 −−会期延長と7月11日(投開票)の参院選の日程に変わりはないか

 小沢氏 私は(幹事長を辞任するため)もう残務の仕事をするだけですから。後は新体制になって、その立場の人が判断するということです。

 まあごくごく一般論でいえば、政権与党としては(国会の)会期は定まってんですから、会期の中で一生懸命努力するということだろうと思います。

 −−次の新首相にどのような人を求めるか

 小沢氏 私は今、代表選挙やらなんかの残りの仕事をしている立場ですから、そういう類(たぐい)の質問に答える立場ではありません。

 −−野党時代に1年ごとに(自民党の)首相が代わることに「解散総選挙をして信を問うべきだ」と主張していたが、鳩山首相の辞任に伴って、衆院選を(参院選と)同時にやるべきだという考え方はあるか

 小沢氏 いや、私はもう幹事長じゃないです。うーんまあ、代表が辞任すれば別に約束も何もないです。新しい体制まで引き継ぎをするだけの役割です。新しい体制になってから聞いてください。

 −−新体制で参院選にどのような展望が開けると思うか

 小沢氏 だからそれは、私がもう皆さん(記者団)と(記者会見で)会うのも最後でございます(笑)。私が答える立場では、立場ではない。それは新しい体制で。

 −−どの段階で、首相から辞意や「幹事長を辞めてもらえないか」と言われたのか

 小沢氏 どの段階でどうこうということではありません。お互いに期するところが一致したっちゅうことです。

【関連記事】
次の首相は…「いません、残念ながら」 街の声@銀座
次の首相は…「誰がなってもまた投げ出す」 街の声@新宿・渋谷
「説明足りぬ」「当然だ」 首相辞任で翻弄される民主の参院候補者
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
文科省、首相辞任に「誰が大臣になっても変わらない」
「はやぶさ」帰還へ

民主代表選 樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)
子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
<泉南石綿訴訟>原告側も大阪高裁に控訴 国の控訴受け (毎日新聞)
未明の池袋繁華街、解体工事現場で発砲2発(読売新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。